読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【vol.042】WEB文章作成に。書けるテクニック14連発!

文章作成のテクニック14連発

  1. 1つの文ではたった一つのことだけを書く。
  2. 箇条書きを使う
  3. 数値を入れる
  4. 具体的な名称を入れる
  5. 五感を刺激する
  6. 主観で書かない。第三者目線でシーンとして書く
  7. 発言を入れる。
    発言を入れてイキイキとした文章に。
  8. 文末を変化させる。
    体言止め、時制を変えるなど。
  9. 自分のことを書く
  10. あるあるネタで意気投合
  11. ノスタルジーに訴える
  12. Yes or No
    行動を単純化する。買うか買わないかではなく、買う前提でAかBかを選ばせる。
  13. ランキングを利用する
  14. 男性脳、女性脳に訴える
    記事のターゲットは男性か女性か?
    男性は右脳だけor左脳だけを使う。右脳のみを使って感情だけで考える、直感のみで考える。または、左脳のみを使って論理的に考える。論理でガチガチに固めるor直感のみに訴えるような記事を書くべし。
    一方で女性は右脳と左脳を同時に使う。女性脳に訴えるには感情も論理も両方が必要。総合的に判断してもらえるような記事を書くべし。

タイトル、見出しにはキャッチコピーを入れるべし

キャッチコピーの役割は、一瞬で心をつかみ、ページを下へ下へとスクロールさせること。

商品を手にした後の気持ちを意識する

人は商品、サービスそのものには興味がない。
商品を手にした後の気持ちにフォーカスしてキャッチコピーを作成するべし。

メリットを提示する

「その商品を手にいれると何ができるのか」
「そのサービスを利用するとどんないいことがあるのか?」
「そのイベントに参加するとどんないいことがあるのか」など、メリットを提示する。

キャッチコピー作成のための5つのコツ
  1. キラキラワード(インパクトの強い言葉、キャッチーな言葉)を並べる
  2. 問いかける
  3. 数字を入れる
  4. 会話を入れる
  5. チラ見せする(実は◯◯だった!?)

2016年6冊目。