AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

Schiekのリストラップ(長さ30cm)が効果絶大で超おすすめ。

こんにちは!AKIOです。
先日Schiekのリストラップ(30cm)を購入したのですが、

  • バーベルカールで手首に痛みを感じることがなくなり、より高重量を扱うことができるようになった。
  • ダンベルショルダープレスの重量が26kgから30kgに上がった。
  • サイドレイズの重量が10kgから14kgに上がった。

などなど、リストラップを使用することで
トレーニングの質が確実に上がりました。

 

そこで今回は、

  1. リストラップ購入のきっかけ
  2. Schiekのリストラップがおすすめ
  3. リストラップが(30cm)がおすすめな3つの理由
  4. リストラップの使い方
  5. 使ってみて分かったリストラップの効果

の5つに分けて、リストラップについて書きたいと思います。

 

1.リストラップ購入のきっかけ

ハンマーストレングスのチェストプレスマシンでトレーニングしていた時のこと。

左右40kgずつの80kgに挑戦しようとしたその時。
「ビキッ..」と右手の手首に痛みが走りました。

幸い大事には至りませんでしたが、
「このままトレーニングを続けていたら、いつか手首を怪我する」そう思いました。

そこで「俺もそろそろリストラップデビューか」
と思い、リストラップを購入するに至ります。

 

今では絶対に手放せないアイテムとなったリストラップですが、
筋トレを始めたての頃から購入しておけば、扱う重量をもっと早いペースで上げていくことができたのでは、と少し後悔。

リストラップは、筋トレ初心者の人こそ使うべきアイテムだと思います。

 

ジムで見かける、筋トレ上級者のゴリマッチョたちも、
プッシュ系の種目では、ほとんどの人がリストラップを使用していますね。

ある程度の重量を扱えるようになってくると、
リストラップは筋トレに必須のアイテムになります。

2.Schiekのリストラップがおすすめ

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181744j:plain

リストラップのブランドですが、
これはSchiek一択でしょう。

ゴールドジム製のリストラップもありますが、
ネットでの口コミを見ると、
「マジックテープ部分の消耗が早い」という声をたくさん聞きます。

一方、Schiekのリストラップはマジックテープ部分が消耗しにくい。
自分はまだ使い始めて数ヶ月ですが、マジックテープの粘着力はバッチリです。

リストラップはMade in USAのSchiekのリストラップがおすすめです。

3.リストラップ(30cm)がおすすめな3つの理由

次に悩むのがリストラップの長さ。

Schiekのリストラップには、
30cm(12インチ)と、60cm(24インチ)の2種類の長さがありますが、
僕は30cmをおすすめします。

 

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181743j:plain

Schiekのリストラップ(30cm)は、
iPhone6と比較するとこのくらいのサイズ。

 

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181741j:plain

実際に手首に巻くと、手首1周半ほど。

 

リストラップは30cmがおすすめな理由を、
3つに分けて紹介します。

1.30cmのリストラップは、着脱がカンタン。

リストラップで手首をホールドするのはセット中のみ。
リストラップは手首をかなりきつく締め付けるので、インターバル中は下の画像のようにマジックテープを一度はがし、緩めます。

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181745j:plain

そしてまたキツく締めて。の繰り返し。

これが60cmだと長いので、少し面倒くさい。
30cmであれば、すぐにサッと緩めてサッと締めることができます。

 

リストラップ(60cm)も使ったことがありますが、
手首に巻きつけた後も、すごく分厚い。
確かにホールド感はすごいのですが、逆に邪魔だとさえ感じました。

2.30cmのリストラップで十分手首を保護できる。

ここが懸念していたところ。

30cmだと手首のホールド感が足りないのではないか、
と心配していました。

しかし実際に使ってみると、
30cmでも十分手首を保護してくれます。

実際に30cmのリストラップを使用してベンチプレス110kgを行いましたが、
安心して挙げることができました。

 

ベンチプレス115kg以上を挙げたことがないのではっきりとしたことは言えませんが、
140kgくらいまでなら30cmで十分対応できるのではないかと思います。

ベンチプレス110kg以下であれば、30cmで十分。

3.肩、二頭、三頭のトレーニングには30cmのリストラップが最適

リストラップは胸のトレーニングだけでなく、
肩や上腕二頭筋、上腕三頭筋などの
手首を動員するトレーニングの際にも活躍します。

肩(レイズ系)や上腕二頭筋、上腕三頭筋のトレーニングにおいては、60cmのリストラップのホールド力と厚さは逆に邪魔。

30cmのリストラップが最適です。

 

僕が実際に胸以外でリストラップを用いている種目は以下。

  • ダンベルショルダープレス
  • ラテラルレイズ(サイドレイズ)
  • ベントオーバーラテラルレイズ(リアレイズ)
  • フロントレイズ
  • ダンベルカール
  • バーベルカール
  • プレスダウン

上記のトレーニングにおいては、
リストラップを使用したことで、より重い重量を扱うことができるようになりました。

リストラップによって手首を固めるだけで
より高負荷のトレーニングができます。

4.Schiekのリストラップの使い方

 使い方は至極カンタン。
リストラップには左右があるので、そこだけ注意しましょう。

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181742j:plain

親指を引っ掛ける黒い紐が内側になるように、リストラップを置いたとき、
右側のリストラップは右手用。
左側のリストラップは左手用。となります。

 

そしてこのまま、ぐるぐると手首にリストラップを巻きつけます。

f:id:aaakkkiiiooo:20170111181740j:plain

 

f:id:aaakkkiiiooo:20170111185459j:plain

完成。

リストラップの位置を、もう少し手の側に寄せるか、
体側に寄せるかは試行錯誤中です。

種目によって少し位置を変えるのもいいかもしれません。

5.使ってみて分かったリストラップの効果

先ほども書きましたが、リストラップを使用することで、
胸、肩、上腕二頭筋、上腕三頭筋のトレーニングのほぼ全ての種目において、
より重い重量を扱うことができるようになりました。

 

特に顕著なのが「」。

例えば、ダンベルショルダープレスを行う場合。
膝の上にダンベルを乗せ、膝を上に蹴り上げて、ダンベルを肩に乗せます。

この「ダンベルを肩に乗せた瞬間」。
以前までは手首がグニャリと破壊されそうで30kg以上に挑戦できずにいました。

が、リストラップを使うことで手首を壊す心配がなくなりました。
さらに、挙上する際も無駄な力が入らず、
肩のみに効かせることができるようになりました。

その結果、ダンベルショルダープレスにおいては
26kg→30kgまで伸びました。

 

また、手首に大きな負担がかかり、
手首を痛めやすいトレーニングのひとつに
「サイドレイズ」があります。

自分も以前は10kgまでしか扱うことができませんでしたが、
リストラップを使用することで、
今は14kg15reps4セットでトレーニングを行うことができるように。

まとめ

より高みを目指したい筋トレバカのあなたに、
リストラップは本当におすすめです。

リストラップでトレーニングの質を上げ、
最短で理想の筋肉を手に入れましょう!

リストラップ30cmの最安値(2017/1/11現在)は、

楽天市場だと3800円。
Amazonだと2980円。

より安いAmazonで購入することをおすすめします。