AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

ゴールドジムのリストストラップが効果絶大でおすすめ。使い方の解説。

主に広背筋を鍛える時に行うプル系の種目

  • デッドリフト
  • チンニング
  • ラットプルダウン
  • シュラッグ

などを行う際、効かせたい背筋よりも先に手首が疲労してしまう。
なんてことありませんか。

自分もそうでした。
80kgでシュラッグを行うものの、手首が疲れてしまい、僧帽筋どころではなくなる。

そんな時に発見したのがゴールドジムのリストストラップ。

ゴールドジムのリストストラップがおすすめ

筋トレ動画やジムのマッチョたちが手首に巻いているあの紐は、このリストストラップです。

手首の疲労を防ぐために、リストストラップの他にもグローブタイプのものも販売されていますが、自分はこのゴールドジムのリストストラップをおすすめします。

なぜなら安いから。2000円。
半年ほど使用していますがちぎれる様子もなく、むしろ柔らかくなって手に馴染んできました。

リストストラップを製造している会社は他にもありますが、ゴールドジム製のこのリストストラップで間違いなし。

Amazonでの評価も抜群に高いですし、多くのマッチョがこのリストストラップを使用しているので。

 

自分はこのリストストラップを使い始めてから手首が疲労することはなくなりましたし、以前よりも格段に背筋に効かせることができるようになりました。

また、リストストラップのおかげで、扱う重量が増えます。
シュラッグであれば20kg、ラットプルダウンであれば10kg程度、より重い重量を扱うことができました。

チンニングのレップ数も倍くらいに伸びました。
チンニングは最初は3回こなすのもキツいかと思いますが、そんな人こそ、リストストラップを試してみてください。

 

リストストラップの使い方

リストストラップの巻き方は人それぞれありますが、自分が半年間使い続けてきて、一番しっくりきている巻き方を紹介します。

f:id:aaakkkiiiooo:20161012102608j:plain

まずこの向きにリストストラップを置きます。

f:id:aaakkkiiiooo:20161012103106j:plain

手を通します。
手に装着する際は、この向き。

次に、バーにリストストラップを巻いていきます。

f:id:aaakkkiiiooo:20161012102607j:plain

まず、リストストラップをバーの下から通します。

f:id:aaakkkiiiooo:20161012102606j:plain

そしてその方向にぐるぐると巻いてゆく。

f:id:aaakkkiiiooo:20161012102540j:plain

最終的にはこの形に。
慣れてくれば片手でぐるぐると巻くことができるようになります。

2000円で毎日の筋トレの質が飛躍的に向上します。
まだ使用していない人にはゴールドジムのリストストラップが絶対におすすめです!

スポンサードリンク