読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【第7回】なぜみんな、列に並ぶの?

質問

なぜみんな、列に並ぶの?

 

例えば飛行機に搭乗するとき。

列に並んで早く席に座ったって、
早く飛行機が出発するわけではありません。

ならば、
搭乗口に並ぶ人が少なくなるまで待って、
最後の最後に登場した方がいいのではないでしょうか?

その方が、
座っている時間が長くなるはずです。

それなのになぜ、みんな、列に並ぶのでしょうか?

回答

「そんなに急いだって何変わらへんのに 、なんでみんな急ぐんやろうなぁ」

僕もそう思います。

 

 

みなさんはどうでしょう?

列に並ぶ派ですか?

列に並ばない派ですか?

 

 

先着順で何かがもらえる場合や、

コンサートなどで早く入場して席を確保したい場合など、

列の先頭に並んだ方がメリットがある場合、

我先にと列に並ぶのは理解できます。

 

 

しかし、

列に並んでもメリットがない場合

なぜみんな列に並ぶのでしょうか?

 

 

うーん。

これは難しい。

 

なぜ並ぶのか。

 

 

 

僕は、「何も考えていない」からだと思います。 

 

「並ぶ」というシーンにおいては、
できるだけ先頭にいた方がいい。

と盲目的に思い込んでいるのでないでしょうか。

なので、列に並んでもメリットがない場合においても、
先を争って我先にと列に並びます。

 

先に挙げた例の場合など、

列の先頭に並んだ方がメリットがある場合に慣れてしまっているため、

列に並んでもメリットがない場合においても、無意識に並んでしまっているのです。

 

 

余談ですが、

列に並ぶとメリットがある場合においても、
僕は滅多に列に並びません。

どうしても、自分の時間を無駄にしている気がしてならないんです。

なので、
よっぽどのことがない限り、僕は列には並びません。

 

みなさんはどうですか?

まつだの回答

mattsunnn.hatenablog.com

今日のメモ

未来の達成感より、今の感動。

何かを達成するために目標を立てるのはいいことだが、その目標達成の瞬間のためだけに、今この瞬間を感じることを忘れてしまうのは良くないこと。

今を犠牲にするのは、違うのではないか。

人生は今この瞬間の積み重ね。

僕らが生きているのは、今この瞬間なのだから。

スポンサードリンク