AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【第6回】なぜ、遅刻魔の人は、いつもいつも、集合時刻ギリギリに到着しようとするのでしょうか?

質問

今ではずいぶん改善されましたが、
僕は昔いわゆる「遅刻魔」でした。

間に合ったとしても、
いつも集合時刻のギリギリに集合場所に到着していました。

そこで質問です。
なぜ、遅刻魔の人は、いつもいつも、集合時刻ギリギリに到着しようとするのでしょうか?

回答

あの人、いっつも時間ギリギリにくるなぁ

なぜこの人はいつもいつも、時間ギリギリにくるのだろうか?

 

そう思ったこと、ありませんか?

いますよね、遅刻魔の人。

 

昔の僕もそうでした。(笑)

いつもいつも時間ギリギリもしくは、ギリギリ遅刻。

なぜでしょうか?

なぜ、遅刻魔の人って、いつもいつも、集合時間ギリギリに到着しようとするのでしょうか?

 

 

 

1番大きな原因があります。
それは、
「相手のことを軽視している」ということ。

 

考えてみてください。
遅刻魔だとされている人間が、


"格段に目上の人と待ち合わせをする場合"

思いを寄せている女性との最初のデートの日"

 

彼は遅刻しないはず。
時間に余裕を持って集合場所に到着するでしょう。

 

ところがいつもの友達や、
いつも所属している団体などになると、

いつしか相手のことを軽視するようになり、
遅刻したり、時間ギリギリに到着したりするようになります。

 

 

「相手のことを軽視する」

そこから生まれるのが、

自分の時間を相手を待つためだけに使うのは勿体無い

という考え。

 

相手を待つためだけに使う時間

を、自分が用意するのではなく、

相手に用意させよう。

そう考えるようになるのです。

 

その結果、

なるべく自分が、
相手を待つ時間をつくらないように、

時間ギリギリに到着したり、

遅刻したりするのです。

 

 

誰に対しても、敬意を失わずに、
真摯に接する心を忘れないようにしましょう。

まつだの回答

mattsunnn.hatenablog.com

今日のメモ

命とは、時間のこと。
その人の時間をいただいているということは、その人の命をいただいているということ。

目の前の人を幸せにすることから始めよう。

スポンサードリンク