AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【第19回】犬派とねこ派って何が違うのですか?

質問

犬もねこも両方好きな人もいますが、
犬派やねこ派によく分けられると思います。

犬派とねこ派って何が違うのですか?

回答

犬は人にグイグイ寄ってくるタイプ。

狩猟の際に、獲物を捕まえたり、追いかけたりするのに犬を用いたのが、
犬が人間に飼育されるようになったおこり。

 

猫はあんまり寄ってこない。

穀物を食い荒らすネズミを駆逐するために猫を用いたのが、
猫が人間に飼育されるようになったおこり。

 

 

犬が好きな人と、猫が好きな人に
違いはないのでは?

猫より犬が好きな人は、幼少期から犬に触れる機会が多かった。

犬より猫が好きな人は、幼少期から猫に触れる機会が多かった。

これだけのこと。

 

犬が好きな人は猫も好きだろうし。

猫が好きな人は犬も好きだろう。

動物好き。

 

 

 

ところで、

犬と猫、どちらの方が飼育頭数が多いと思いますか?

 

2015年に実施された、一般社団法人ペットフード協会の調査によると、

犬 991万7千頭

猫 987万4千頭

なんと、猫の方が多い。

圧倒的に犬の方が多いと思っていたが、それは普段散歩している犬をよく見るだけで、実は猫の方が多いのである。

まつだの回答

 

今日のメモ

あきペディアとまつ袋のコーナーに投稿したい質問がある方は、コメント欄にお気軽にご記入ください。

スポンサードリンク