AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【No,104】「Chikirinの日記」の育て方

偉大なるブロガー「ちきりん」さんの著書。

ちきりんさんのブログ運営に関する姿勢が書かれており、
正直、めちゃめちゃ参考になった。

ブロガーを志す人にはおすすめの一冊。

 

「Chikirinの日記」の育て方 メモ

けれど、この例からもわかるように、昔から私にとって日記とは「今日はこんなことを考えた」という思考の記録であって、

「今日は何を食べた。今日はどこに行った。今日は誰と会った」という行動の記録ではありませんでした。

なるほど。。。

 

 

ブログを書くときも、「何を書くか」ではなく、「今日は何を伝えようか」が最初に決まります。

それは、誰かと話している時や、本や雑誌を読んでいるとき、ネットで遊んでいる時、さらにはお風呂に入っている時や電車の中でぼーっとしている時などに、いきなり「あっ、コレを伝えたい!」と突発的に浮かびます。

 

つまりブログの起点は、「これについて書く」とか「この本を紹介する」ではなく、「このことを伝えたい!」というメッセージの発生なのです。

なろほど。。。

伝えたい想いにもっとフォーカスして記事を書こう。

 

 

もうひとつ気にしているのは、すべらかに発音(発声)できる文章を書くことです。

書籍もブログも、最後にはかならず音読し、スラスラ読めるよう“てにをは”や語彙を整えます。