AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

僕が内定をゲットできた3つの理由

就職活動が終わりました。
5月の終わりくらいまでは、東京大学大学院を受験し、建築を勉強するつもりでした。が、来年から働くことにしました。

経緯は改めて書くとして、なぜ僕が内定を得ることができたのか、自分なりに考えたことを書きます。

1.たくさんのことに挑戦してきた。

f:id:aaakkkiiiooo:20160604225413j:plain

  • サッカー
  • 琵琶湖一周
  • 浪人
  • 演劇
  • インド行く
  • 0円スタートでヒッチハイクで日本一周
  • 無人島サバイバル生活に挑戦×4回
  • ビジコンに出る
  • アメリカ横断
  • インターンに参加する
  • 空き家を改装してカフェつくる
  • スキンヘッドにする
  • TABIPPO2015スタッフ
  • ユーラシア大陸横断
  • キリマンジャロ登頂
  • アフリカ大陸縦断
  • 2ヶ月で8kg増量

「かっこいい」こと。面白そうなこと。自分が成長できそうなこと。モテそうなこと。
"迷ったら、やる。"を胸に刻み大学生活をスタートした僕は、いろんなことに挑戦しました。

面接官の方には、過去に挑戦してきたことの数と大きさから"パワフル"だと評価していただきました。

2.挑戦してきたことを振り返った

f:id:aaakkkiiiooo:20160610144150j:plain

自分は今まで、何も考えずにまず行動。→それが終わったら何か次の面白いことを探す。
といった形で、「過去を振り返る」といったことを全く行ってこなかった。

が、大学を休学して出た世界半周の旅に、就活生必携の書「絶対内定」を持っていきました。分厚くて重いので、重要だと思うページ以外は破って捨てました。

f:id:aaakkkiiiooo:20160610153405j:plain

ただ、この絶対内定、多すぎて面倒くさい。

絶対内定をコツコツやるよりも、「過去に自分がやってきたことを全て洗い出し、その一つ一つについて深堀り」することで過去の経験を振り返り、自分自身をより深く知ることができました。

 

僕が選考を受けた面接官の方は

  1. 過去にやってきたことの大きさ
  2. それを自分自身で咀嚼できているか

の2点を主に面接で観ているとおっしゃっていました。

自分自身を深く知ることは重要。自分で自分のことを知らなければ、相手に自分のことを伝えることなんてできません。

3.筋トレした。

f:id:aaakkkiiiooo:20160517091057j:plain

これこそが内定をゲットすることができた最大の要因。

グループディスカッションの場では、「いいカラダしてますね!!笑」→「いやー、最近筋トレに目覚めたんですよ!2ヶ月前まではガリガ,.....」からのトークでアイスブレイク。

面接官「こんにちは。今日はよろしくお願いします。君、いいカラダしてるね!笑」→「最近筋トレに目覚めたんです!2ヶ月前まではガリガ,.....」からのトークでつかみOK。

カラダ鍛えてますアピールをするために選考は全てTシャツとデニム。

 

ここで、筋トレ自己啓発の祖、Testosteroneさんのツイートを。

そう、筋トレは男にとって、ビジネスマンにとって必須の行為なのです。
みなさん、筋トレしましょう。

スポンサードリンク