読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

僕が旅でKEENを履く5つの理由

KEEN大好き。2足目に突入した。同じモデルの同じカラー。 

 

f:id:aaakkkiiiooo:20151124162818j:plain

アウトドアシーンでの最強のサンダル、KEEN。 自分が4年間ずっと履いているのはKEEN newport H2というモデル。

インド行ったときも日本一周したときもアメリカいったときも東南アジアいったときも、旅するときにはずっとこのサンダル一足。

 

f:id:aaakkkiiiooo:20151124164117j:plain

 インドで牛のうんこを数え切れないくらい踏んだり    f:id:aaakkkiiiooo:20151124170144j:plain 無人島で過酷な時間を過ごしたり    

 

f:id:aaakkkiiiooo:20151124170816j:plain

 ラオスで一緒に象に乗ったり   そう、このKEENのサンダルがあれば、いつでもどこでもなんでもできる。   なぜ僕が旅でKEENを履くのか、その理由を5つ紹介します。

 

1.KEENのサンダルはつま先がガードされている。

つま先がガードされている」これこそがKEENのサンダルの最大の特徴。最大の長所。

岩場が多い山や、海、川などのシーンにおいて、つま先がガードされていることは非常に重要。 KEENを履いていて、つま先を怪我したことは1度もありません。

f:id:aaakkkiiiooo:20151124165346j:plain

 洞窟だって探検できます。    

 

2.水辺のシーンに対応

アッパーには水を吸収しにくい素材(ウォータープルーフポリエステル)を用いているので、 雨の日も、川にも海にもガンガン入れる。  

   

3.履き心地がめっちゃいい。

f:id:aaakkkiiiooo:20151123224702j:plain

軽くて歩きやすいので全然疲れません。

 

4.靴下を履くことができる。

f:id:aaakkkiiiooo:20151124164217j:plain

寒い場所であっても靴下を合わせれば履くことができます。 スニーカーよりも快適。 日本の冬であれば厚手のソックスにKEENで余裕です。

ゴムでフィット感を調整することができるので、靴下を履くときにはゴムを緩め、素足で履くときにはゴムを締める。

僕はほんとに1年中KEEN履いてました。

 

また、前後左右が少し反り上がっているため、慎重に歩けば雪の上も濡れずに歩くことができます。

5.全力で走ることができる。

f:id:aaakkkiiiooo:20151124164550j:plain足にぴったりフィットするので、走れちゃいます。全力で。

 

KEENのデメリット

履きまくっていると、かかとの縫製がほつれてくる。 メーカーとしても修理はやってない。 悲しい。 壊れないサンダルが欲しい。

 個人的にアウトドアで最強のパフォーマンスを発揮するサンダルは

  1. KEEN
  2. LUNA SANDAL
  3. chaco

の3ブランドだと思う。

 

今はchacoのサンダルを履いています。

 

スポンサードリンク