読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

筋トレにおすすめのサプリメント「クレアチン」の解説。

f:id:aaakkkiiiooo:20160706171926j:plain

クレアチンはたんぱく質の一種

クレアチンは「アルギニン」「グリシン」「メチオニン」の3種類のアミノ酸から作られているたんぱく質の一種。 

筋肉の中でエネルギーを貯蔵している物質の一つ。

クレアチンのメリット

1.最大筋力が上がる

筋肉の中に備わっているエネルギーのサイズが増えることで、筋肉が収縮する時に発揮されるエネルギー量が大きくなる。

クレアチンを摂取し続けることで、ベンチプレスのMAX重量も上がる。

2.高負荷での筋持久力が上がる

同じ重量でもベンチプレスの回数が10回→12回になるなど。

3. 筋肉が大きくなる

1.2.で述べた最大筋力の向上と筋持久力の向上により、より筋肉に高負荷の刺激を与えることができ、結果的に筋肥大が見込まれる。

4.体重が増える

クレアチンは水分を筋肉に引き込む働きがあるので、その分体重が1~2kg増加する。 

5.安い

自分が使用しているのは、バルクスポーツのクレアチン。

1kgで6000円なので、1回(5g)30円。200日も持つ。プロテインと比較するとかなり安い。

使い始めたばかりでまだその効果を実感してはいないが、毎日5gずつ摂取しています。ベンチプレス100kgを上げるために。(いま2016/7/6は92.5kg)

クレアチンは1日に5gずつ摂取するべし

1日に5gずつ摂取すると、約1ヶ月後にその効果を実感することができる。

すぐにその効果を実感したい時には、ローディングと言い、1日20g(5g×4回)程度を5日間連続で摂取すると、体内のクレアチン貯蔵量が最大となる。

クレアチン貯蔵のイメージ

ざっくりとしたイメージとしては、
体重70kgの人の体内にはクレアチンが140g貯蔵されているが、トレーニングを行うとその130gになり、パワー切れを起こす。
そこで、クレアチンを毎日5gずつ摂取し、クレアチン貯蔵量を常に160gにキープしておく。
すると、トレーニング時にクレアチン貯蔵量が130gを下回ることがなくなり、より高いパフォーマンスを発揮することができる。

クレアチンはサプリメントから摂取するのが効率的

5gのクレアチンを摂取するには1kgのステーキを食べなければいけない。
なのでクレアチンはサプリメントから摂取するのが経済的。 

もっと重い重量を挙げたい人、もっとカラダを大きくしたい人、スポーツで高いパフォーマンスを発揮したい人(トップアスリートの70%以上がクレアチンを摂取している)、クレアチンを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク