読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【vol.060】美人はブスより生涯収入が2500万円高いという事実。-美貌格差

ふらっと入った本屋で見つけたBRUTUSの本特集。

雑誌は普段は買わないけれど、1年に1回ペース?で刊行されるBRUTUSの本特集は毎年購入している。
普段から本を読みまくっている書店員おすすめの本などが100冊以上紹介されており、その中から面白そうな本を購入して読んでいる。

今回のBRUTUSの本特集を読んでいて、ビビーン!!!ときたのがこの本。

美貌格差-生まれつき不平等の経済学

「美人はブスよりもあらゆる場面でお得である」という事実を経済学の見地から述べた本。
とても面白そうなので即購入。

美人とブスの収入の差は2500万円

見栄えがよくても収入が3、4%しか増えないというのは、あまり大きな額には思えないかもしれない。

でも、美しい人は醜い人に比べて一生の稼ぎが23万ドル多くなると考えると、とても小さいとは言えない額に思えてくる。

20年以上に渡る調査結果により判明したのが以下の事実。

美しい人は並の容姿の人よりも収入が6%多い。(生涯収入で1000万円多い)
醜い人は並の容姿の人よりも収入が8%少ない。(生涯収入で1500万円少ない)

人の容姿は収入に大きく関与するようだ。
美しい人と醜い人の差は2500万円にもなる。

美しさと幸福度は比例する

上位3分の1に入る容姿の人たちのうち、55%は自分の人生に「とても満足している」または満足している」と答えている。

容姿の点で中ぐらいである半分の人たちでは53%がそういう答えをしている。

でも下から6分の1に入る人たちでは、満足していると答えたのは45%だけだった。

他にも、

  • 具体的にどんな場面で差が生まれるのか
  • 職場で美形の人が与える影響
  • 就職活動の際に容姿が与える影響
  • 「美人が多い会社の方が業績がいい」という事実
  • ブサイクは法律で守った方がいいのでは?

など、興味深いトピックがたくさん。
気になった方は、ぜひ読んでみてください。

顔が格差を生むならば、身体も格差を生む。

この本で言う容姿は「顔面」のみ。
顔面の差で格差が生まれるのであれば、容姿を構成するもう一つの要素である「身体」によっても格差は生まれるはずである。

ガリガリよりもマッチョの方が、あらゆる場面で得をする。
顔面の差が生み出す格差は2500万円であれば、身体の差が生み出す格差は2500万円を超える。(と思う。誰か調査してください。)

顔面は先天的で変えることはできないが、身体は自分の努力次第で変えることができる。
ということで、みなさん、筋トレしましょう!

2016年23冊目