読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【BackpackFESTA2017】日本最大の旅イベントの7つの魅力

 

BackpackFESTAとは

f:id:aaakkkiiiooo:20161208173529p:plain

「全ての若者に旅への一歩を!」をコンセプトとした旅のイベント。

今年は全国6都市で開催、総勢7,000人の来場者が予定されているそう。

 退屈な人生が変わるきっかけに

このイベントに参加したことが「人生が変わるきっかけになった」と言う人がとても多い。

自分もその1人。

僕の周りでも、「このイベントに参加して人生が変わった。」という人が実際にかなりの数います。

大学生活が退屈な人、旅に行ってみたいけど一歩踏み出せない人、そんな人は是非、BackpackFESTAに参加してみてください。

何かがきっと変わるはず。

BackpackFESTAの7つの魅力

BackpackFESTAという名の通り、旅に出たくなるようなコンテンツばかり。

そんなBackpackFESTA2017の7つの魅力を紹介します。

1.世界中を旅したゲストによるトークライブ

f:id:aaakkkiiiooo:20161208173143j:plain

世界を旅したゲストによるトークライブを聞くことができます。

ここで登場するゲストは、数十人の世界一周経験者の中から選考で選ばれた1人。
それはもうとてつもなく面白い旅の話を聞くことができるはず。

2.「世界一周したい!」と願う3人によるプレゼンコンテスト

f:id:aaakkkiiiooo:20161208173154j:plain

「世界一周したい!」と選考に挑んだのは100人以上。
その中から選考を勝ち抜いた3人が当日、観客の前でプレゼンテーションをします。

「自分はなぜ世界一周したいのか」

「自分はこういう世界一周がしたい。」

3人がプレゼンを終えた後には観客による投票が。
そして、投票数が一番多かったプレゼンテーターには"世界一周航空券"が送られるというコンテスト。

友人は去年このコンテストでおにぎり握って世界一周というプレゼンをし、見事優勝。
タダで世界一周に行きました。

3.世界を旅する女子のためのコンテスト"SHINE"

 「旅する女子がもっと輝き、もっとたくさんの女子に旅に出てほしい」という思いから生まれた女子限定のコンテスト。

こちらも、選考を勝ち抜いた3人の女子によるプレゼンテーションが行われます。

4.旅の大抽選会"たびっくじ"

f:id:aaakkkiiiooo:20161208171957j:plain

豪華景品がバンバン当たる、旅の抽選会。
なんと1/3くらいの人が当選します(笑)

一眼レフやバックパック、ウユニ塩湖へのツアー券などの豪華景品がGETできるかも。

5.旅のショートムービー

世界を旅した旅人から集めた映像で作られた、旅のショートムービー。

これがすごい。

自分は、BackpackFESTA2017の前身であるTABIPPO2014というイベントに参加して以来、このイベントに毎回参加していますが、このショートムービーがめっちゃ好きです。

6.アーティストによるライブとトーク

f:id:aaakkkiiiooo:20161208173309p:plain

過去には「ナオトインティライミ」や「GAKU-MC」などがイベントを盛り上げてくれました。

そして今回、京都会場には「平井 大」が登場。

その歌声で会場がハワイアンに染め上げられること間違いなし。

7.世界一周経験者による相談コーナー(仮)

京都会場では、実際に世界一周を経験した旅人たちが、「旅に出たいけど不安」「どうやって世界一周すればいいの?」などの疑問を解決。

そして自分は今回ここに世界一周経験者として参加させていただきます!

そして今回!世界一周相談ブースの自分のところへ来ていただいた方には、先月モロッコを旅した際に購入した「モロッコ産超イケてるアンティーク風ピアス」を差し上げますので(先着5名)、是非ご参加ください!笑

f:id:aaakkkiiiooo:20161208172929j:plain

 

自分はこのイベントに3年前に参加して、何かが変わりました。

1つは、旅が身近になったこと。

世界一周してる人が周りにたくさんいるようになって、世界一周が当たり前になって、気がつけば自分も世界一周の旅に出ていた。

旅することは誰にでもできる。
旅に出てみたいけど、一歩が踏み出せない。そんな人は何かきっかけを得ることができるはず。

お正月明けの1/3(火)が暇な人、この記事を読んで少しでも気になった方は是非、京都ロームシアターまで足をお運びください。
では!

BackpackFESTA2017の詳細はこちらから