AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

アークテリクスのマウンテンパーカーが超おすすめ!

 アークテリクスのマウンテンパーカーが超おすすめ!

f:id:aaakkkiiiooo:20151123224700j:plain

 3年間着ている最強の相棒「ARC'TERYX Beta AR Jacket」。
今回は、僕がアークテリクスのマウンテンパーカーをおすすめする理由を書きたいと思います。

ちなみに、以前はTHE NORTH FACEの「Dot Shot Jacket」を着ていましたが、アークテリクスの「Beta AR Jacket」の方が遥かに快適。
値段は倍以上しますが、本当に買ってよかったと実感しています。

 

アークテリクスのマウンテンパーカーは機能性がすごい

f:id:aaakkkiiiooo:20151123224659j:plain

 アークテリクスのすごいところは、徹底的に考え抜かれた機能性にある。  

通気性を確保するピットジッパー

f:id:aaakkkiiiooo:20151123224656j:plain

脇のピットジッパーを開けることにより、暑いとき、蒸れるときに通気性を確保することが可能。

実際に着てみると、このピットジッパーはすごく便利で、かなりの頻繁で開閉しています。
ピットジッパーを全開にすることで風が通り、かなり涼しくなる。

3つのドローコードで形を調整可能なフード

f:id:aaakkkiiiooo:20151123224657j:plain

フードの形は前に1箇所、後ろに2箇所あるドローコードを使って調節可能。

キリマンジャロを登った際、改めてこのジャケットの凄さを実感。
顔を絶妙な角度で覆ってくれる。
耳は風に触れず、横からの風を完全に防ぎながらも視界は確保することができる。 

f:id:aaakkkiiiooo:20151228165020j:plain

フードの先は防止のつばのような形状となっており、雨が降っても顔に雨がかかることはない。   

完全防水を実現する止水ジッパー

f:id:aaakkkiiiooo:20160105161559j:plain

この「止水ジッパー」は、アークテリクス社が開発した技術。

止水ジッパーとゴアテックス生地により、完全防水を実現。

生地に「GORE-TEX@Pro Products」を採用

f:id:aaakkkiiiooo:20151124162444j:plain

「ゴアテックス」とはGORE-TEX社が製造する、
防水耐久性、防風性、透湿性を高度な次元で兼ね備えたプロダクト」。
防水性と透湿性を高次元で実現している点がゴアテックスの最大の特徴。

「水蒸気は通すが雨は通さない。」
つまり、悪天候の中でも汗で蒸れることなく、かつ外からの雨は通さない。

GORE-TEXの3つの種類

ゴアテックスには実は3種類のクラスが存在する。
どれが1番良いというものではなく、環境やアクティビティによってそれぞれ最適なウェアが存在する。

  1. GORE-TEX@ ACTIVE PRODUCTS
     究極の透湿性とスピードを求める状況に最適 最高度の透湿性を実現し、激しい有酸素運動や短時間での活動に適する。
  2. GORE-TEX@ PRODUCTS
    あらゆるアウトドアシーンに対応 防水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備える。 また耐久性にも優れ、体を守る防護性と快適性を保持。 広範囲の活動活動いおいて理想的なパフォーマンスを発揮する。
  3. GORE-TEX@ PRO PRODUCTS
    本格的な活動に最適 最高度の丈夫さを追求。過酷な環境や過酷な環境や厳しい気候条件下での活動に適する。    
    SV,AR,LTは、この最強クラスの生地を採用している。

 

アークテリクスのマウンテンパーカーの種類

f:id:aaakkkiiiooo:20151228233426j:plain

丈の長さは、BETA< ALPHA< THETAの順で長くなる。
生地の強度は、SL<LT<AR<SV の順で厚く丈夫になる。

自分(178cm,63kg)が着ているのは「BETA AR jacket」のSサイズ。

BETAは丈が短くもなく長くもない中間の長さ。
(上の写真をの通り、お尻に少しかかるくらい)
タウンユースにおいては、BETAが適切な長さではないかと感じる。

雪山登山など、極寒の状況においてマウンテンパーカーの中にたくさん着込むのであれば、ALPHAを買うのもアリだと思う。

アークテリクスのマウンテンパーカーを安く購入する方法

一番安く入手する方法は、生産地であるカナダに行って買うこと。
日本の半額で購入できるそう。
しかしこれはなかなか難しい。

現実的なのは、楽天市場もしくはAmazonで購入すること。
「alpha SV jacket」は7万円(定価9万3000円)
「beta AR jacket」は6万円(定価6万9000円)
「beta LT jacket」は5万円(定価6万円)
「beta SL jacket」は3万5000円(定価3万5000円)
程度の価格でそれぞれ購入可能なよう。 

少しでも安く買いたい人は、楽天市場で購入することをおすすめします。
が、希望の価格、在庫の有無など、購入できるか否かはタイミング次第。
自分は2013年10月に「beta AR jacket」を楽天市場でネットで4万6000円で購入することができました。

実際に試着したい方は、取り扱い店→公式HPで。
アークテリクス直営店(大阪,東京)もあります。

マウンテンパーカーはアークテリクスがおすすめ!

f:id:aaakkkiiiooo:20151228165015j:plain

マウンテンパーカーが欲しいな。
と考えているアウトドア好きな人にアークテリクスのマウンテンパーカーは超おすすめ。

人間工学に基づいたデザインを行っているため、アークテリクスの製品はどれも洗練された無駄のないデザイン。

 

街中ではその真価を実感することは難しいですが、アウトドアシーンでその快適さを実感することができるでしょう。
「自分にはオーバースペックだ」と感じる方もいるかもしれませんが、いつか活躍する時が来ます。
いや、過酷な状況に自ら挑戦しましょう。

安い使い捨てのモノではなく、アークテリクスの最強のマウンテンパーカーを買っちゃいましょう!

他のアウトドアブランドよりも人と被らないですし、なによりかっこいい。
直感でかっこいいです。

f:id:aaakkkiiiooo:20151228233926j:plain

 どうせ着るなら丈夫なモノ、長く使えるモノ、こだわり抜かれたモノ、いいモノを着たいですね。
いいモノと一緒にいるだけで僕は幸せです。

スポンサードリンク