AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

AV男優 森林原人「セックス幸福論」を読んでセックスについて考える。

 

概念や言葉を超越したものがセックスにはあって、そこから得られる全肯定感は、幸福感や深い愛情を生み出す源になる可能性が高く、社会的成功とは別の、人としての根源的な幸せに直結するものなのです。

 

歯科助手は気に入った患者さんの時、歯石を取るふりをして胸を押し付けることがある。

 

どんな仕事にも言えると思うのですが、自分が自分らしくいられる居場所を見出さないと、継続して行くことはできないです。

やりがいとは、自分だからこそできたとか、自分を必要とされていると感じられる場合にあり、その時は心の居場所が体と同じところにしっかりとあるのです。

 

 

「恋愛の始まりってほとんど性欲だろ。好きだの惚れただの人はいろいろ言うけど、その実は、ただやりたいてだけだったりするんだよ。

男も女もセックスを覚えたやつの「好き」は「やりたい」と一緒だ」

YES。

 

セックスをしても、結局相手の何もわからないというのが僕の結論です。
セックスはあくまでも体の交わりであり、それ以上でも以下でもないと考えておくことが大切です。

セックスに意味や価値を込めすぎると、セックスが方法や手段になり、必要以上に振り回されちゃいます。

 

 

男性は瞬間的に興奮し、瞬間的に絶頂に達し、瞬間的に冷静さを取り戻します。

一説によると、これは動物的本能によるもので、生殖行為の瞬間が一番無防備で敵から狙われやすい状態なので、生殖が終わった瞬間に冷静さを取り戻し、身の安全を守る必要があるからと言われています。

この時の感覚は、体感として欲望が消滅していて理性百パーセントになっている状態だから、賢者タイムと呼ばれたりします。

 これが賢者になる理由だったのか。。

 

「愛情と制欲は違う」と森林原人氏は言う。

結論から言いますと、僕は、愛情と制欲を区別して考えることができれば、男女の関係は物凄く上手くいくと考えているし、性別に関係なくそうできると思っています。

これは進歩ではなく、価値観の転換です。

なるほど愛情と性欲を区別することができれば、女性は彼氏が浮気をしたり風俗に行ったりしてもある程度許容できるようになるかも?

そもそも一夫一妻制が生物学的に理にかなっていない。
男が浮気をするのは生物学的には当たり前だし、風俗に行くのも止めることはできない。
オスは「できるだけ多くのメスと交尾しろ」と遺伝子レベルでインプットされているの。

 

ディズニー好きの女の子が、ディズニーランドに行きミッキーを見つけ大喜びしている、でも好きなのは一緒に来ている彼氏で、ミッキーが上とか彼氏がそこに負けてるとかいったことではなく、娯楽としての夢の世界を一時的に楽しんでいるといった感じに近いと思いました。

ミッキーに大はしゃぎしたり、アイドルにハマったりしても、一番大切なのはあなただよ、君なんだよといった感覚です。
ミッキーやアイドルに対してヤキモチを妬くなんてナンセンスです。

なるほど。
男性は、彼女がイケメン男性俳優にハマっても、ヤキモチを妬くのはやめましょう。

 

 

全てを兼ね備えた理想の相手というのはいないという考えになった後は、自分が相手に望むものの優先順位をつけて順位の低いものは諦めるのか、諦めたうえで、他の人で補充しバランスを取るのか、いろんな生き方があって然るべきだと思います。

それには、お互いの考え方が一致している相手を見つけることと、セックス以外で信頼関係を築けるということが前提となってきますが、世間体を気にしないでいいよと言ったら、こう考える人は案外いると思います。

 

イケたかどうかにこだわるセックスじゃなく、幸せを感じられるセックスだったかどうか、そういう視点で考えないとセックスが手段になってしまう。
イクためのセックスじゃないんだから。
幸せなセックスをしてたら、結果的にイッてたって感じであって、イッたから幸せってわけじゃない。

 

男優行の経験から言うと、チンコが勃たなくて焦っている時は、浅い口呼吸になっていることが多いです。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせることで、エロいことに集中できるようになり、通常通り勃起できるまでに回復します。

 

呼吸というのは、意識と無意識にまたがっている唯一のものだそうです。

どういうことかと言うと、心臓や胃や腸の動きは意識して止めることができません。
しかし呼吸はできます。

逆に意識しなくても呼吸は止まりません。

呼吸をコントロールすることで、意識が無意識に働きかけ、無意識の領域を動かすことができるようになるというのです。

 

セックスをいっぱいしてきて、セックスの悦びは、いかに相手の快感に共鳴できるかがポイントだと思っています。

相手の興奮が、自分の興奮になり、それによってより高まっていける。

これがお互いに上手くかみ合った時のセックスはこの上なく気持ち良いです。