AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

どれだけかっこよく歩けるかじゃなくて、どれだけ余裕を持って歩けるかが大切

 

中学生の頃とか、教壇にプリントもらいに行って自分の席に帰るまで、どんな顔してどんな風に歩けばいいか分からんかった。
他のみんなから見られているような気がして、妙に顔がこわばっていたように思う。

家から駅までの道を歩くときも、電車に乗っているときも、妙に人の目を気にしていた。

なんでやろう?

目先のことだけしか見えていないからじゃないかと思う。

「宇宙からみた自分」みたいなでっかい視点を持つことができれば、そんなこと意識せずに生活できると思う。もっと大事なことに気を向けることができるんじゃないかな。

ってキリマンジャロ登山3日目くらいにテントの中で眠りながら考えてた。