AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【vol.011】【人口減少】2100年に日本の人口は5000万人になる。

人口はどのくらい減るのか?

2010年に1億2800万人だった人口が2100年には5000万人になる。2010年の日本を100人の国だとすると2100年には39人になる。

どのくらい子どもを産まなくなっているの?

戦後の1947年には女性一人当たり4.5人の子供を産んでいたが2005年には1.3人。

少子化の要因

  1. 結婚しない人が増えている。20代後半の未婚率の推移は1960年→2010年で、男性46%→72%、女性22%→60%
  2. 若者の恋愛離れが進んでいる18-34歳の交際相手がいない独身男女の割合は男47%→61%、女39%→50%(1992→2010)
  3. 出会いが無いのか?→異性の友人の数は増えている
  4. 結婚する時期が遅くなっている。
  5. 夫婦あたりの子どもの数が減っている。
  6. 子供を産む時期が遅くなっている。
  7. 子育てと仕事の両立が困難。

 

人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。

人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。