AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

【vol.006】目標を達成するための5つのステップ

 

目標を達成するには

  1. 目標を明確に立てる 目標が達成できるか否かはこの段階で決まる。このときに特に大切なのが、「なぜそうするのか」と「いつまでにやるべきなのか」の2点。
  2. その目標を達成するために適切な戦略を立てる 設定した目標に対して行う具体的な行動が「戦略」である。
  3. その戦略を実現するために必要なものを揃える 「やること」をより細分化して、必要なことをリストアップしていく作業
  4. 間違えたと思ったらすぐに軌道修正する 臨機応変に環境に適応することが必要。
  5. 1~4のプロセスをとにかく速く行う 判断、行動を速く。とにかくスピードを重視する。人から信頼を得る上でも、結果を出す上でも最も重要な要素の1つ。

ビジネスで人気者になる3つの条件

  1. 結果を出していること
  2. 人間としてきちんとしていること
  3. 独自性があること

会議の2つのポイント

  1. どんな議論にするかをシュミレーションする
  2. どんな落としどころをつくるか この話し合いを通して何を生み出したいのか、どんなところに落ち着くのがベストか。

アイデアを実現しお金に換えていくには

  1. 目標の設定の仕方を間違えないこと
  2. 失敗を恐れないこと
  3. 情熱的に人に伝えること
  4. 通らなかったら新たな案を考えること
  5. 実現したものが失敗したら切り替えること

提案を伝えるときに大事な4つのポイント

  1. 数字的な根拠
  2. 感覚を言葉にする 自分の「おもしろい」という感覚を人に伝えるための努力をする。
  3. 説明しすぎない 人が違えば、感覚が違う。
  4. 情熱 「コイツがここまで考えているからには、もしかしたら上手く行くんじゃないか」と思わせてしまえば勝つことができる。

ゴールへ最短距離で進む

  1. ゴールに到達するまでの選択肢を限りなく多く生む
  2. 優先順位をつけ最適な選択肢を選ぶ
  3. 1.2のプロセスを素早く行う そのためにはimage trainningを欠かさない

絵を描くときの2つのポイント

  1. 要素を分解する
  2. 時間軸を取り入れる

瞬時に無限の選択肢を生み出し、迷わずに正解を選び抜く。

「リーダーの決断は正しい」と部下に思ってもらえること

リーダーは、情熱的でなくても魅力的でなくても弁舌に長けていなくてもいい。 「どこを目指しているか、いま何をすべきかだけをはっきりと示せればいい。

世界で通用する個人になるためには

  1. 曖昧な受け答えをしない
  2. ちょっとできるくらいでも「I can do.」と言い切る
  3. 大きな声で話す
  4. 姿勢を正す

教育に必要な考え方

「どれだけExitingな体験ができるか、限りない可能性を想像させるように促す」こと。

 

僕たちは知恵を身につけるべきだと思う

僕たちは知恵を身につけるべきだと思う

  • 作者: 森田正康
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2012/09/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

読書時間60分 まとめ時間30分