AKIOBLOG

人生を謳歌しよう

プロテインバーなら「シンサ6プロテインクリスプ」が超おすすめ。

今まで食べたプロテインバーの中でダントツ一番で美味しい。

BSN社の「シンサ6プロテインクリスプ」。
プロテインバーとは思えないウマさで、正直めっちゃおすすめです。 

美味しいプロテインバーを求めて

平日は毎日会社員として働いているトレーニーにとって、
働きながら、いかにタンパク質摂取量を最大化するかはとても大きな課題。

その一つの打ち手として、
「プロテインバーからタンパク質を摂取する」という方法があります。

しかし、プロテインバーには当たり外れがある。
クエストバーはネチョネチョしていてあまり美味しくないし、
マイプロテインのプロテインバーはマズすぎる。。

美味しいプロテインバーは無いのかとiHerbを開き、
プロテインバーのカテゴリを開き、ランキング順に並べ替える。

f:id:aaakkkiiiooo:20180219213128p:plain

するとなんと上位6商品中3つが、
この「シンサ6プロテインクリスプ」だったのです。

サプリメントを購入する際には、
レニューの高さと、レビューの多さを何よりも重視する自分。
「これは良い商品に違いない」と確信し、即購入。

チョコレートクランチ味と、
塩タフィープレッツェル味を買いました。

シンサ6プロテインクリスプが美味しい

f:id:aaakkkiiiooo:20180219210655j:plain

f:id:aaakkkiiiooo:20180211100053j:plain

パッケージはこんな感じ。

 

f:id:aaakkkiiiooo:20180219155719j:plain

f:id:aaakkkiiiooo:20180211100359j:plain

これが、めっちゃ美味しい
チョコレートクランチ味、塩タフィープレッツェル味ともに、
めっちゃ美味しい。
そして何より、サクサクしていて食べやすい

チョコレートクランチ味は、
そのまんまチョコレートクランチ。
味も見た目も、想像通りのチョコレートクランチ。めっちゃ美味しい。
自分は塩タフィー味よりもチョコレートクランチ味の方が好きです。

 

塩タフィー味は、
プレッツェルと同じ味。

f:id:aaakkkiiiooo:20180219214309j:plain

塩が効いていて、甘すぎず、食べやすい。
普通に美味しいです。

シンサ6プロテインクリスプにはタンパク質が20g

カロリー 230kcal
炭水化物 23g
タンパク質 20g
脂質 7g

シンサ6プロテインクリスプは1本あたり185円

12本入りで、定価は3863円。
iHerbだと40%オフの2333円。
紹介コードを入力するとさらに5%オフになり、2216円。
つまり、1本あたり185円

シンサ6プロテインクリスプはコスパが良い

プロテインバーのコスパを、
「1本あたりの価格」で判断するのは非常にナンセンス。

プロテインバーを食べる目的は、
できるだけ多くのタンパク質を摂取するためであるはず。

であれば、プロテインバーのコスパは
タンパク質1gあたりの価格」で判断するべき。

 

 

シンサ6プロテインクリスプの「タンパク質1gあたりの価格」は、
185円/20g=9円/タンパク質1g

一方で、コンビニなどでよく見かけるウイダーのプロテインバーは、

f:id:aaakkkiiiooo:20180219222235j:plain

163円/10g=16円/タンパク質1g

 

シンサ6プロテインクリスプは、
ウイダーのプロテインバーよりも約1.7倍コスパが良いことが分かります。

 

なお、iHerbで購入できる他のメジャーなプロテインバーのコスパは以下。
(紹介コードの5%オフを適用して計算)

他のプロテインバーと比較しても、
9円/タンパク質1g」であるシンサ6プロテインクリスプは
とてもコスパが高いことが分かります。 

まとめ

美味しさ、コスパともに、
シンサ6プロテインクリスプは間違いなくおすすめ。

iHerbには紹介制度があり、こちらのリンクから購入するか、もしくは購入手続き画面でプロモーションコード「AKI4509」を入力すると5%オフが適用されます。

プロテインバーで効率的に、美味しくタンパク質を摂取し、
より良い身体を目指しましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめです。 

www.akionakagawa.com

 

f:id:aaakkkiiiooo:20171219221255j:plain

 

リーマントラベラー東松寛文さんの話を聞いて メモ

f:id:aaakkkiiiooo:20180218132432j:plain

 

大手広告代理店での激務の中、
週末、祝日、有給をフルに活用し、3ヶ月で世界一周を成し遂げた「リーマンバックパッカー」東松さんの話を聞いてきました。

 

焼けた肌とガタイの良い見た目と大きな声。
ひしひしとエネルギーを感じます。

熱量と行動量が圧倒的。
東松さんは僕と同じ神戸大学の先輩でした。


今回はそんな「リーマンバックパッカー」から得た学びのメモをシェアします。

自分が「わざわざやっていること」から「やりたいこと」を見つける

自分が好きなこと、わざわざやっていること、
なぜそれが好きなのかを、「なぜ」を繰り返すことで深掘りし、考え抜き、
自分の本当にやりたいことを見つける。
自分らしい生き方(あくまで仮説)を見つける。

そして、その仮説が正しいことを、自分に対して証明し続ける。

 

迷ったらすぐやる。違ったらすぐやめる。

少しでも良さそうだと思ったら、すぐにやる。
これは違うなと思ったら、すぐにやめる。

やりまくっていると、やめたことはどうでもよくなる。

 

自分のために会社があることを知る

ほとんどのサラリーマンは、
能力以上の給料をもらっている。その人が辞めないように。

「会社のために自分がいる」のではなく、
「自分のために会社がある」ことを知る。
主従関係の認識を誤らない。

自分のためにならないと思う業務は仕組み化し最速で終わらせる。
自分のためになると思う業務にはとことん時間をかける。

やりたくないことでも、「本気」でやり続ければ、能力が開発される。 

行動量を増やすために

・「気合い」が最重要。
熱量、スタンス。
生き方に対する強烈なスタンスが根本。

・常に馬鹿力を発揮させるために、常に自分を火事場に置く。
→自分が最大のパフォーマンスを発揮できるようなスケジューリングを行う。環境をつくりだす。

 

・朝起きてからの行動を全てルーティン化する
ベッドで起きてからの動線の設計など。